自己啓発を終わらせろ!【メカニカル・マインド】のコンセプトについて

ようこそ、【メカニカル・マインド】へ。
運営者のDoma-Lee【ドマリー】です。

ここでは、当サイト【メカニカル・マインド】の、
テーマ、コンセプト、基本的な考え方について説明したいと思います。

メカニカル・マインドで取り扱うテーマ

「夢を実現したい。目標を達成したい」
「名声が欲しい。大金持ちになりたい」
「みんなからチヤホヤされたいし、モテたい」
「このまま安月給の派遣社員のまま、人生を終えたくない」
「理想のパートナーを引き寄せたい」
「社会貢献をして、世界を変えていきたい」
「自由なライフスタイルを送りたい」

などなど、僕達人間には、様々な「欲望」があります。
これらを思うがままに叶えるための「土台」となるのが、
「自己啓発/成功哲学」と呼ばれるジャンルです。

当サイト【メカニカル・マインド】は、
この「自己啓発/成功哲学」をメイン・テーマとして扱っています。

運営者でもある僕自身、22歳くらいの頃から、
「自己啓発/成功哲学」に出会って、色々勉強し始めました。

当時は、「絶対に成功したい!金持ちになりたい!女にモテたい!」という、
ギトギトの欲望まみれ煩悩だらけの状態で、
のめり込むように大量の本を買い、高額なプログラムも購入しました。

そしてその結果、一気に大成功の道を駆け上がっていく・・・

ってなるわけもなく、どんどんお金と時間をつぎ込んでいきました。
ノウハウは、本来は活用する為のものなのに、コレクションしてしまっている状態。
いわゆる「ノウハウコレクター」になってしまっていたのです。

自分を啓発⇒忘れる⇒啓発⇒忘れる⇒啓発…
まるで麻薬中毒者の如し

「自己啓発/成功哲学」系の教材の魅力は、
なんといっても、「キモチよくなる」ところです。
学んでいる瞬間は、とてもいい気分になって、ヤッホーってなるのです。

例えば、以下のようなことが書かれていたりします↓

「ポジティブ・シンキング!夢は必ず叶うッ!」
「可能性は無限大。あきらめないで」
「引き寄せ♪願うだけで夢は叶えられるのです」
「今のあなたのままで良いのです。好きなことをやれば良いのです」

こういう言葉って、落ち込んだりしている時ほど、
スーッとしみ込んできてキモチが良くなるので、ハマってしまうわけです。
ただし、単純に「響きのいい言葉」を体に浴びているだけなので、
気分が良くなるのはその時だけ。根本的には何も解決していません。
日常生活に戻ったら、すぐに忘れてしまうのです。

すっかり忘れて、実生活でストレスが溜まると、
禁断症状が起きて、またあの時の「キモチよさ」を求めて教材を買う…
そうやって、まるで麻薬中毒者の如く、お金と時間と労力を使いこんでいきました。

僕なんかはまだマシな方で、知り合いでハマっていた人の場合は、
何百万もする高額なセミナーに何度もリピートしまくり、
合計何千万円という借金を抱えてしまっていたりしました。

「さすがに、このままではマズイな…」
お金も時間も労力も失った末に、ようやく気が付いたアホな僕は、
とにかく、なんとかしなければならないと思い、模索し始めました。

最新ではなく最古。古代人の東洋思想にヒントが隠されていた

行き詰まりを感じていた時に、ふとしたキッカケで出会ったのが、
古代から受け継がれている、東洋人の「叡智」でした。

東洋思想は、根本的な部分から、
人間の思考メカニズム体の仕組み自然の関わり方が説かれています。
そして、ポジティブとネガティブの両方を受け入れ、
あるがままに、ナチュラルに、自己実現させていくというコンセプトです。

「…こ、これなら根本的に解決して、自己啓発中毒から脱出できる!」
僕はそう確信し、一生懸命勉強することにしました。

これまで、
「アメリカから上陸した最新の自己啓発心理メソッド!」
みたいなものばかりに、飛びついていた僕からすると、その内容は衝撃的でした。
西洋系と東洋系は、考え方から全く違っていたのです。
※この違いについては、別の機会に取り上げようと思いますので、楽しみにしていて下さい。

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、
「西洋系がダメ。東洋系が良い」みたいなことではありません。

どっちにも長所/短所があって、良いとか悪いとかではないのです。
西洋で補えきれていない部分が、東洋にはあって、
逆に東洋で補えきれていない部分が、西洋にはある、という感じです。

つまり、
「西洋と東洋、両方を統合してしまえば、最高っすやん。素敵やん」
ってことです。

ちなみに【メカニカル・マインド】の場合は、東洋系の考え方をベースにしつつ、
西洋系の科学的&簡略化されたメソッドも取り入れて、統合するよう心がけております。

自動車教習所に、
ず~っと通い続ける人なんているんですか?!

この記事のタイトルに「自己啓発を終わらせろ」と書きましたが、
意味としては、「自己啓発中毒から抜け出して、次のステップへ行こう」ということです。

自分自身を高めたり、やる気を上げたりする行為自体は、必要です。
そのコツを学ぶのが、「自己啓発/成功哲学」のジャンルだと思って下さい。

例えて言うなら、
「自己啓発/成功哲学」を学ぶ=自動車の乗り方を学ぶ
みたいなもんです。

自動車の乗り方を学ぶためには、自動車教習所に通って、
学科と実技の練習をして、試験を受けますよね。
そして、合格して免許を取ったら、そこで卒業なわけです。

あとは、車を運転して、好きなところに出かけることができます。
車でドライブに出かけたり、通勤したり…自由です。

「自己啓発/成功哲学」もそれと同じではないかと、僕は思います。
一度、『自分』の運転の仕方が分かったのであれば、
次のステップとして、好きな場所に出かけて行こう、と。

かつての僕のように、ずーっと自己啓発の教材を買い漁っている状態というのは、
ずーっと自動車教習所に通い続けているのと同じ状態です。
それって、滑稽というか、「何してんねん」って感じですよね。

もちろん、定期的なメンテナンスや洗車、
車検に出すとか、ガソリンを入れるとかの作業は必要ですが、
自動車教習所に通い続けるっていうのは、やっぱりオカシイと思うんですよね。

ですから、【メカニカル・マインド】では、
「自己啓発/成功哲学」をテーマにしつつも、終わらせることを念頭においています。
あとは、次のステップに羽ばたくための提案だったり、
メンテナンス&エネルギー補給のサポートができればと考えています。

最後に。自分自身が『資産』。
お金を貯めるより効果的な『自己資産化』へ

最後にお伝えしておきたいのは、
自分自身が何よりも『資産』になるということ。
つまり、これを読んでいる、あなた自身が『資産』になるのです。

ここで言う『資産』とは、「価値を生み出し続けるもの」のことです。

多くの人は、
「お金が欲しい」とか「彼女が欲しい」とか「名誉が欲しい」とか、
そういった目的で「自己啓発/成功哲学」を学んでいるのですが、
それってもったいないな、と僕は思います。
「持ってないもの」に目がくらみ、それに執着してしまっているのです。

『自分』の仕組みを知り、使い方を知り、運転の仕方を覚えれば、
そういったものは、自由に手に入れることもできますし、逆に手放すこともできます。
そうすると余裕が生まれますので、リラックスできます。
心も穏やかですし、幸福と言えるのではないでしょうか。

「お金」=『資産』だと思い込んで、ギラギラして必死で追いかけるよりも、
『自分』『資産』という発想で、スキルを磨いて、高めていった方が、
結果的に、お金も人も集まってくるようになります。

あなたにとっても『自分』『資産』になりますし、
応援する周りの人にとっても、あなたは『資産』となります。

そういった感じで、「自己啓発/成功哲学」を学んでいただければ、
良いんじゃないかなと思います。

というわけで、【メカニカル・マインド】のコンセプト説明は以上です。
なるべく堅苦しさを抜いて、楽しい感じで情報を発信していきますので、
気軽に楽しみつつ、参考にしていただければ嬉しいです。

それでは、また☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ、大阪育ち。うさんくさいヤツは大体友達。 天から授かった「濃い顔」と、クソ貧乏な子供時代に培った「発想力」、ロボットダンスで習得した「奇妙な動き」、ブラック企業勤務で鍛え上げた「しつこさ」を武器に、コンテンツを発信し続け、必死のパッチで飯を食っている。
詳しいプロフィールはコチラ