「自己啓発/成功哲学」の4つの派閥。最短ルートで夢を実現しよう

こんにちは。運営者のDoma-Lee【ドマリー】です。
全ては『潜在意識』の使い方。その鍵となる「スピナー・メソッド」とは
の補足として、今回の内容を読んでいただければ幸いです。
より踏み込んだ内容をお届けしていきます。

「自己啓発/成功哲学」の業界は、
それぞれのタイプが派閥を作っている

コチラの記事で、『潜在意識』にアプローチをする4つのタイプとして、
『思考』タイプ
『感情』タイプ
『肉体』タイプ
『環境』タイプ
を挙げました。

「自己啓発/成功哲学」の業界は、
『思考』『感情』『肉体』『環境』これらのタイプの専門家がそれぞれいて、
4つの派閥を形成しています。

例えば、以下のような感じです。

『思考』タイプの専門家●

『思考』の専門家
物事への解釈、捉え方、意識さえ変えれば、全てが変わる。
全ては『思考』。自然と肉体も変わっていくし、環境も変わっていくのだ!

このジャンルの専門家/学者の例:
脳科学者、認知心理学者及び、心理カウンセラー等。

『感情』タイプの専門家●

『感情』の専門家
愛され上手になるための、引き寄せスピリチュアル。ハピネスでキラキラなライフを♪

このジャンルの専門家/学者の例:
スピリチュアル系、「引き寄せの法則」系の講師/カウンセラー、ヒーラー等。

『肉体』タイプの専門家●

『肉体』の専門家
あれこれ考えるより、カラダを施術するのが効果的。
脳&肉体をリラックスさせて、『潜在意識』に働きかけた方が簡単よ!

このジャンルの専門家/学者の例:
施術家、整体師、修行僧、ヨガマスター等。

『環境』タイプの専門家●

『環境』の専門家
人間ってのは、環境に左右される生き物だから、
自分が変わろうとするよりも、周りの環境を変える方が効果的なのだ。

このジャンルの専門家/学者の例:
風水師、占星術師、人間行動学者、環境心理学者等。

人には、多かれ少なかれ、
「自分がこうだから、皆もこうに違いない!」
「自分の意見が正しいのだ!他は間違ってる」
と思いたくて思いたくて、仕方が無いという性質があります。

特に、「学者」と名が付く職業の人達は、この傾向が強いと言えます。
「自分が作った理論がいかに正しいのか」をとにかく証明したいわけですね。

彼らの言い分は、決して間違ってはいません。
それぞれ各分野の専門家であり、研究も重ね、結果も出しているわけですから、
正しいと言えば、正しいと言えるでしょう。

ただ、僕達のような一般人の場合、
「日常生活で活用してナンボ」なわけですから、専門家や学者のように、
「俺の理論が正しいのだ!どうだ凄いだろ」と、こだわる必要はないわけです。

だとすれば、『思考』『感情』『肉体』『環境』の良いところを取り入れればいいわけです。
もちろん、自分が得意なところから入っていけばいいですが、
貪欲に4つの要素を使った方が、パワーが強力です。

まずは自分の得意な「要素」を学び、
最短ルートで夢を実現していこう

最初のとっかかりとしては、
自分の得意な「要素」から学んでいけばいいと思います。

『思考』タイプであれば、
「認知心理学」「脳科学」などを学ぶのがいいかもしれません。
※提唱者/流派によって良し悪し、あなたとの相性もあります。
ちなみに、当サイト【メカニカル・マインド】では、
この『思考』で学べる部分を統合していますので、参考にしていただければ嬉しいです。

『感情』タイプであれば、
「「引き寄せの法則」「スピリチュアル系の成功法則」「感情マネジメント」
などのジャンルから入るのがいいかもしれません。
※提唱者/流派によって良し悪し、あなたとの相性もあります。

『肉体』タイプであれば、
「座禅」「瞑想」「ヨガ」「キネシオロジー」などのジャンルから入るのがいいかもしれません。
※提唱者/流派によって良し悪し、あなたとの相性もあります。

『環境』タイプであれば、
実際にパワースポットに訪れたり、引っ越したり、部屋を整理したり、
「開運術」「風水」「四柱推命」系のジャンルを学ぶのもいいかもしれません。
※提唱者/流派によって良し悪し、あなたとの相性もあります。

※ちなみに、この『環境』から変えていく理論については、
「人間行動学」「環境心理学」の分野で詳しく解説されています。

最初のうちは得意なところから入っていって、
あとから別の「要素」も意識して学んでいけば、全体の調和がとれて、
いい感じで人生が「ギュリィィィィィィィィン!」と加速していくことでしょう。

『思考』タイプなら、あとから『感情』『肉体』『環境』も意識する。
『感情』タイプなら、あとから『思考』『肉体』『環境』も意識する。
『肉体』タイプなら、あとから『思考』『感情』『環境』も意識する。
『環境』タイプなら、あとから『思考』『感情』『肉体』も意識する。
といった感じですね。

世の中で成功している人は、
4つの「要素」の調和がとれている

先ほど、僕達のような一般人の場合、
「日常生活で活用してナンボ」であると書きましたが、
専門家/学者ではないので、『思考』『感情』『肉体』『環境』の4つの「要素」を、
ガンガン使っていけばいいわけです。

んで、世の中で大成功を収めている人や、夢を実現できている人というのは、
例外なく、この4つの「要素」をフル活用しています。
というか、どれかに偏り過ぎて、他がボロボロだと、パワーが大幅にダウンします。

ハンドスピナーを例に出して説明すると、
一つのの「歯車」だけが新品で頑丈だけど、、
あとの4つの「歯車」は、歯がボロボロ錆ついている状態です。
こんな状態では、スムーズに回転しにくいですよね。

現実に置き換えて説明すると、

『思考』は優れていて、とてもいいアイデアを持っていたとしても、
『感情』がブレブレに乱れて情緒不安定で、
『肉体』がボロボロで病気だったら実行できませんし、
『環境』が最悪で、騒音の酷い部屋に住んでいたらどうでしょうか。
高いパフォーマンスを発揮できませんよね。
あるいは、『肉体』がいくら元気バリバリだったとしても、
『思考』がクソでアホだったらどうでしょうか。
何をすればいいのか分からないので、ボケ~としたままですよね。
また、『環境』が良くても、場所や物に依存しまくって、
『思考』『感情』『肉体』もヘナチョコだったらどうでしょうか。
徐々に周りから人がいなくなりそうですよね。

このように『思考』『感情』『肉体』『環境』…どれかに偏り過ぎても、絶対に限界があるのです。
当サイトでは、それぞれの「要素」のクオリティを上げて、
上手く活用していく方法をお伝えしていきますので、
他の記事もチェックしていただければ幸いです。

今回は以上となります。
それでは、また☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ、大阪育ち。うさんくさいヤツは大体友達。 天から授かった「濃い顔」と、クソ貧乏な子供時代に培った「発想力」、ロボットダンスで習得した「奇妙な動き」、ブラック企業勤務で鍛え上げた「しつこさ」を武器に、コンテンツを発信し続け、必死のパッチで飯を食っている。
詳しいプロフィールはコチラ