なぜ「やる気」が湧かないのか。なぜ「目標を達成」できないのか

今回は、前回の続きということで、
「メカニカル・サクセス・ナビ」の7ステップの【後編】
ステップ④~⑦の解説をしていきます。

「手順を踏むだけ!『自分』を成功マシンに変えるステップ&チャート」
↑コチラの記事を読んでいないと、意味が分からないと思いますので、
今回の記事を読む前にチェックしておいて下さい。

やる気が出なくてモチベが湧かない。
引き寄せできなくて目標達成できない

「やる気が続きません」
「モチベーションが続きません。モチベがぁ~」
「集中力が続きません」
「引き寄せの法則を勉強したんですが上手くいきません」
「年始に目標を立てたのに、全然達成できません」

といった悩みは、実は「自己啓発/成功法則」を学んでいる人に、
結構ありがちなことですし、この僕自身もずーっと悩んでいました。

今回お伝えする、「メカニカル・サクセス・ナビ」の、
ステップ④~⑦を理解すれば、その理由が明らかになってきますので、
その辺りを注意しながら、じっくり読み進めてもらえれば幸いです。

「メカニカル・サクセス・ナビ」の7ステップを解説【後編】

一応、「メカニカル・サクセス・ナビ」の7ステップを、
軽く振り返っておきます。

メカニカル・サクセス・ナビ
●ステップ①:タッグを組む
●ステップ②:呪縛を解き放つ
●ステップ③:素質を知る
●ステップ④:エネルギーの使い方を知る
●ステップ⑤:目標/夢を設定する
●ステップ⑥:習慣化の手続きをする
●ステップ⑦:定期的に見直す

この7ステップでしたね。前回はステップ①~③までを解説しました。
ではでは、【後編】からラストまで、一気にいっちゃいましょう!

ステップ④:エネルギーの使い方を知る

人間はエネルギーで動いています。
エネルギーと聞くと、
「ああ、知ってる。食べ物でエネルギー補給すんでしょ」
と思うかもしれません。

確かに、食べ物からもエネルギーを補給できますが、
それは一つのパターンであって、まだまだ色々あります。
また、エネルギーの補給だけでなく、残量を把握することや、
効率的に維持することも大切になってきます。

『自分』を車に例えて考えると、
・ガソリンのメーターを見る
・ガソリンを入れる
・低燃費で走行する
といったことが、エネルギーの使い方を知るということです。

ステップ④が、できていない時に、表われる『症状』

・モチベーションが湧かない
・やらねばと思うのに、なぜかやる気が出ない
・集中力が途切れて続かない

という『症状』が出ている人は、
エネルギーの使い方を理解できていない可能性が高いです。

車に例えると、エンストを起こしている状態です。
ガソリンが無くなっているのに、無理矢理走行しているわけですから、
ガス欠を起こして、プスプスと壊れかけて当然ですよね。

ステップ④を、どうしたら攻略できるのか

単純に、エネルギーの種類と、扱い方を知ること。
そして、多くの場合、エネルギーがポタポタと漏れているので、
まずはそれを防ぐところからスタートです。

エネルギーに関しては、
『思考』『肉体』『環境』の3つの方向性から、
バランス良く整えていくと、維持しやすくなります。
詳しくは、当サイト【メカニカル・マインド】全体を通してご紹介していきます。

ステップ④が上手くいくとどうなるか

ガス欠で壊れかける=無気力でズゥ~ンと落ち込む
といったことが無くなってきます。

もちろん、エネルギーは使えば減りますので、疲れることはあるでしょう。
疲れたら、休めば回復しますので、また再スタートすれば良いだけです。
「はぁ~。今日も疲れた~。ご飯食べて、クソして寝よっと!」
ってな感じで、極端に落ち込んでやる気ゼロにはなりません。

「電池は切れても、電源は入ったまま」という感覚になります。

ステップ⑤:目標/夢を設定する

いよいよ、目標/夢を設定するステップです。
「やっとかよ」って感じですね。
車で言えば、カーナビで行き先を設定するところです。

まあ、最初からぶっつけ本番で目標/夢を設定しても良いんですが、
やはり、ステップ①~④までをクリアしていると、
カチッといい感じでハマります。

ステップ⑤が、できていない時に、表われる『症状』

・単純に時間だけが過ぎていく
・日々の最低限の仕事、家事などに追われる
・退屈になる

という『症状』が出ている人は、
目標/夢を設定できていない可能性が高いです。

ステップ①~④をクリアできていて、
心も体も元気だったとしても、目標/夢を設定できていなければ、
ただ退屈な毎日を送るだけになってしまいます。

せっかく新車を買ったのに、車庫に置かれたままみたいな状態です。

ステップ⑤を、どうしたら攻略できるのか

目標/夢の設定にも種類がありますし、
その種類別に、適切な設定の仕方というものがあります。

詳しくは、別の機会にたっぷりとお伝えしますが、例えば、
・短期的なのか、長期的なのか
・今の能力でできるのか、現状の能力ではできないのか
・コントロールできる要素と、できない要素
などなど、設定する前に理解しておくべきことがあるのです。

よく巷では、

「期限を設定しましょう」
「イメージをしましょう」
「細かく決めずに、タイミングに任せましょう」

といったことが言われていて、「どれが正しいんだよ」と混乱するかと思いますが、
結論から言えば、全部正しいです。
ただ、目標/夢の種類による、設定の仕方が違うだけです。
期限を設定すべき目標/夢もあれば、逆に設定すべきでない目標/夢もあるのです。

多くのアホなセミナー講師や著者は、この辺りを説明せずに、
「俺の目標達成のやり方はこれだ!みんな俺のやり方でやれ!」
みたいなことしか言わないから、混乱するわけです。

ステップ⑤が上手くいくとどうなるか

目標/夢を持って行動していくと、
日々がドラマティックに変化し、自分も周りも変わっていきます。
大げさかもしれませんが、生きていることを実感できます。

「地球に生まれて良かったあああ!」と叫びたくなることでしょう。

ステップ⑥:習慣化の手続きをする

ステップ⑤とほぼ同時にやっておきたいのが、このステップ。
習慣化の手続きです。

車に例えると、燃費を考えた、安定的な走行です。
運転技術をマスターするわけですね。

行きたい場所が近くであれば、そこまで考えなくてもいいですが、
遠い距離であれば、長期間運転する必要があるので、
しっかりと、安定的に走行することを考えておかなければなりません。

つまり、大きな目標/夢(=遠い距離)に向かうのであれば、
この習慣化というスキルは必須だということです。

ステップ⑥が、できていない時に、表われる『症状』

・目標を立てたのに、達成できたことがない
・新年に決意⇒年末に忘年⇒新年に決意⇒忘年…を繰り返す

という『症状』が出ている人は、
習慣化の手続きができていない可能性が高いです。

ステップ⑥を、どうしたら攻略できるのか

あえて、習慣化の手続きをする、と書いているのは、
文字通り、最初に手続きをする感じで、申請する必要があるからです。

大体の場合、3日で審査が降ります。
だめだったら、いわゆる「3日坊主」というやつです。
何も落ち込む必要はありません。審査が通らなかっただけの話。
また申請書を作って、習慣化の手続きをすれば良いのです。

多くの人は、「根性」「自制心」「意志」「我慢」…
といったエネルギーを使って習慣化しようとするのですが、
これらのエネルギーはめちゃくちゃ燃費が悪いです。

最初に習慣化の手続きを済ませておくと、
燃費のいいエネルギーで走行することが可能なので、
気分がやや落ち込みがちになったとしても、自動的に進んでいきます。

「ところで、誰にその習慣化の手続きをするわけ?!」
という、スルドイ疑問を持つ方もいらっしゃるかと思いますが、
この辺りについては長くなりますので、別の機会に詳しくお伝えします。

ステップ⑥が上手くいくとどうなるか

「継続は力なり」という言葉がありますが、正にその通りで、
物凄い能力が『自分』に蓄積されていきます。
そうすることで、様々な目標/夢を達成しやすくなっていくのです。

ステップ⑦:定期的に見直す

最後のステップは、定期的に見直す、というもの。
これまでお伝えしてきたステップ①~⑥
定期的にチェックして、改善点や修正点があれば、変えていきます。

何事も検証することは大事なのですが、
意外と多くの人が見逃しがちだったりします。

ステップ⑦が、できていない時に、表われる『症状』

ステップ①~⑥で問題が無ければ何もおきませんが、
どこかで問題があれば、不具合が発生します。

ステップ⑦を、どうしたら攻略できるのか

各ステップで説明した、
「できていない時に、表われる『症状』」
の項目を見直して、チェックしていけば良いだけです。

あとは、頭の中だけで考えようとするのではなく、
「紙に書く」という、最強の方法を使って、現状を「見える化」するのがオススメです。
そうすることで頭の中も整理されますし、『思考』のストレスも軽くなります。

ステップ⑦が上手くいくとどうなるか

ここまでをマスターすることができれば、
『自分』を使いこなしているレベルといっても良いです。
どんな試練でも、笑顔で乗り越えていけるでしょう。

まとめ。繰り返しチェックして、頭に入れてほしい

「手順を踏むだけ!『自分』を成功マシンに変えるステップ&チャート」
から、【前編】【後編】に分けてお伝えしてきましたが、理解はできましたでしょうか。
この「メカニカル・サクセス・ナビ」は、「スピナー・メソッド」と併せて、
【メカニカル・マインド】の重要な要素になります。

繰り返しチェックしていただきたいですし、
なんなら印刷するなり、書き写すなりしていただいて、
部屋に貼っておいて欲しいな~っと思っております。

若干エラそうなことを言いましたが、
それくらい重要だということを、ご理解いただければ幸いです。

というわけで、「メカニカル・サクセス・ナビ」の解説は以上となります。
それでは、また☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ、大阪育ち。うさんくさいヤツは大体友達。 天から授かった「濃い顔」と、クソ貧乏な子供時代に培った「発想力」、ロボットダンスで習得した「奇妙な動き」、ブラック企業勤務で鍛え上げた「しつこさ」を武器に、コンテンツを発信し続け、必死のパッチで飯を食っている。
詳しいプロフィールはコチラ